自由大学 CREATIVE CAMP in ポートランド 2019 が9/15〜20に開催 by Takeshi Okuno

Pips Originals_自由大学 Creative Camp in ポートランド.jpg

自由大学 CREATIVE CAMP in ポートランドが、今年も 9/15(日)〜20(金)に開催されます。現在、申し込み受付中です。
https://freedom-univ.com/lecture/creative-camp-in-portland2019.html/

「ポートランドで同じ窯のピザを食う」、キュレーターコラムを書きました。
https://freedom-univ.com/lecture-report/20190725/
(写真はピザレストランではなく、ドーナツの Pip's Originals)

7/28(日) 4:15pmから、表参道の自由大学キャンパスで説明会があります。

川越の ゲストハウス ちゃぶだい へ by Takeshi Okuno

ゲストハウス ちゃぶだい 川越.jpg

川越にオープンした「Guesthouse, Cafe & Bar ちゃぶだい」へ、先週初めて遊びに行った。

西武新宿線の本川越駅からは歩いて10分ちょっと。観光客が多いメインの通りからは一本入ったところにあって静かだ。

ちゃぶだいをやっている西村君とは、2015年夏の自由大学 Creative Camp in Portland の時に会った。

Chabudai_Kawagoe_guesthouse.JPG

地元出身の西村君が、ドミトリーと個室があるゲストハウスの中や庭を案内してくれて、最近の川越のこともいろいろ教えてくれた。

築100年を超える古民家が、150人以上の人たちが参加した何度かのDIYワークショップによってリノベーションされたそうだ。

新しくオープンしたゲストハウスだけど、古くからの電話ボックスや棚付きの階段がそのまま土間に残って活かされていたりと、すごく落ち着く空間になっていた。

川越 ゲストハウス ちゃぶだい カフェ サンドイッチ.jpg

ランチでは本日のサンドイッチとブルーベリーのスカッシュを、靴を脱いで土間から上がったちゃぶ台でいただいた。サンドイッチは近隣の野菜も使っていて、パンもおいしい。

カフェラウンジのスペースは、宿泊客だけでなく一般のお客さんに開放されている。この日も地元の人たちがお茶しに来たり、立ち寄ったり、カフェの人が下校中の小学生に声をかけたりと、ご近所感があった。

川越 ゲストハウス ちゃぶだい カフェ バー.jpg

天気が良かったので、庭のウッドデッキでサンドイッチやドリンクをいただくのも気持ち良さそうだった。
庭では、手づくりオーダー眼鏡の工房『澤口眼鏡舎』さんも工房兼ショップを構えている。

泊まる人もカフェ&バーに行く人も、ちゃぶだいに行ったら、川越のことをいろいろ教えてもらえそうだ。

ちゃぶだい
www.chabudai-kawagoe.com/
埼玉県川越市三久保町1-14

川越 ゲストハウス ちゃぶだい 入口.jpg

GREENROOM FESTIVAL で出会った Bree Poort のアート by Takeshi Okuno

Bree Port_Green Room Festival_Art

去年の GREENROOM FESTIVAL の アートエリア で出会った Bree Poort の作品。

会場で目にしてすぐに引き込まれた。
2日目のお昼過ぎに着いた時には、すでに Bree の作品のうち8割くらいが売れていたけど、販売中だった作品の中から見比べて一番気に入ったものを選んだ。

つやめきと透明感のある青い波と砂浜のグラデーション。彼女の作品を見ていると、波の音や潮風、ビーチにいる時の感覚が呼び起こされる。

レジン(樹脂)を層を重ねてペイントし、仕上げにガラスでコーティングしている彼女の作品は、自然の一瞬一瞬の波と同じように、二つとして同じものはない。

今週末5/25(土)、26(日)、今年の GREENROOM FESTIVAL でも、Bree を含む国内外のアーティストの作品が展示されます。アートエリアと物販エリアは、チケットが無くても無料で入れます。

ポートランド発の The Meadow がルミネ新宿にオープン。こだわりのチョコレートや塩などが世界から by Takeshi Okuno

The Meadow ルミネ新宿

アメリカ・オレゴン州ポートランド発のショップ「The Meadow(ザ・メドウ)」が3月初め、ルミネ新宿 LUMINE 2の1階にオープンしました。場所はJR新宿駅の南口を出て LUMINE 2 に入ってすぐのところです。

オープン時につくられた冊子に、ポートランドで撮っていた小さな写真を何点か使ってもらいました。

The Meadow ルミネ新宿

The Meadow は、産地や製法、つくり手の想いに着目して世界中から集められたこだわりの塩とチョコレート、ビターズ(リキュール)の専門店。

ポートランドにはミシシッピー・アベニューと、ノースウェスト 23rd アベニューの2箇所にお店があり、住んでいた時には時々チョコレートを買ってました。地元の少量生産のものからアメリカ国外のものまで、The Meadow で初めて食べたチョコレートもいろいろあります。

ピンク色をした円形や四角のソルトブロックも販売されていて、ポートランドの店舗では日本の塩も販売されていたのを見つけました。

先日、新宿のお店に行った時には売り切れだったんですが、去年11月に青山ファーマーズマーケットでの クラフトチョコレートフェスティバルで 出会った ChocoReko さんのチョコレートも扱われています。

The Meadow_ルミネ新宿_WOODBLOCK CHOCOLATE

Woodblock Chocolate など、ポートランドのチョコレートは現在はサンプルとしてディスプレイされてますが、今後販売される予定とのことで楽しみです。

クラフトジン MONKEY 47 x 山椒 x 神戸牛。新シリーズ第1弾がお披露目に by Takeshi Okuno

MONKEY 47 Experimentum Series 2y01 Tokyo_Like

ドイツ・ブラックフォレスト産のクラフトジン "MONKEY 47" から、少量生産のエクスペリメンタルシリーズが発表に。
普段から MONKEY 47 を愛飲している方たちを招いての先行試飲のシークレットパーティーが、白金台の LIKE で開催されました。

香りの可能性を広げ、常識を覆すことを目的に立ち上げられた「Monkey Booze Lab」でつくられる、このエクスペリメンタルシリーズ。
第1弾の "2y01: Tokyo" は、山椒をボタニカルとして使い、神戸牛の牛脂でファットウォッシュして香り付けがされている。

MONKEY 47_ Alexander Stein

オーナーの Alexander さんが挨拶の時に話していたことを聞いても、これまでにない香りや味わいを生み出すための探究心がすごい。

MONKEY 47_Like 白金台

LIKE は PATH の原さんたちが今年3月、ビオトープ(BIOTOP)白金台の3階にオープンしたお店。バースペースは、天井が高くて自然光が心地いい。カクテルと一緒に神戸牛などをいただき、また近々伺いたいなと。

MONKEY 47 を初めて飲んだのは去年5月、恵比寿の Bar TRIAD でのイベントの時。その次の11月のイベントの時にも行っていて、ブランドアンバサダーの Zachary がつくるシグネチャーカクテルはこの時もおいしかった。

「MONKEY 47 エクスペリメンタルシリーズ 2y01:Tokyo」は、5/17(金)から Bar Tram、Bar Trench、Bar Triad で、数量限定で提供中とのことです。

NORAH TALK レポート 「タネからみた文明社会〜胡椒とコーラとカカオの話〜」 by Takeshi Okuno

青山ファーマーズマーケット NORAH TALK クラタペッパー 伊良コーラ  Minimal チョコレート

先日の ファーマーズマーケットでの NORAH TALK 「タネからみた文明社会〜胡椒とコーラとカカオの話〜」のレポートと写真がアップされました。
http://farmersmarkets.jp/norahtalk05/

ゲストはそれぞれ胡椒、コーラ、チョコレートを大量生産の仕組みではなく、ていねいにものづくりしている クラタペッパー 倉田さん、伊良コーラ 小林さん、Minimal 田淵さん。

「胡椒も産地やつくり方によって味や香りが違う」
「コーラの実は、コーラ自体の味や香りには関係ない」
チョコレートの口どけを良くしようと加工すると、カカオの特徴的な部分の香りが丸まっちゃうのがもったいない……など、
すごく身近な食品だけに、逆にその産地や素材であるタネのこと、つくられ方についてはあまり知られてないなと感じたトークでした。

Mt. Fuji Brewing 、富士宮にオープン by Takeshi Okuno

去年、ポートランドでの視察・研修でご一緒した Mt. Fuji Brewing さんが 3月下旬、静岡県富士宮市にオープンしました。
https://mt-fuji.beer/

富士山の湧き水を使ったビールと、窯焼きによる地元食材の料理。
最寄駅は富士宮で、窓からは富士山本宮浅間大社を望めます。

ビール好きの方、ぜひ。

"rotable in Tokyo" チームと 自然農園TOM さんへ by Takeshi Okuno

5月4日(土)に青山ファーマーズマーケットで、1日限定レストラン "rotable in Tokyo" がオープンします。

食材となる野菜の生産者さんのひとつ、千葉県成田市の自然農園TOMさんに、rotable の料理人・横山太郎さん、三上奈緒さん、ファーマーズマーケットのかえでさん、拝原さんと一緒に行ってきました。

今回のディナーは「土」を切り口に、ということで、太郎さんたちは畑で土に触れ、TOMさんに土の話をいろいろ聞いてました。

この日この場所ならではのレストランで、マーケットの農家さんやその土地の風土が生み出す世界を感じてみてください。

ーーーーーーーーーーーー
rotable in Tokyo
▼ 2019.5.4[土]
▼ Early dinner 17:00-20:00 ¥6,000 *ワンドリンク込み (要予約)
▼ 会場:Farmer's Market @ UNU Community Lounge

<予約サイト>
https://peatix.com/event/644329

マーケットの農家さんの食材を使った料理、ナチュラルワイン、季節の植物などがあしらわれたテーブルで、このマーケットが積み重ねてきた風土を、生産者やゲストの皆さまとともに分かち合えるような食の体験を表現します。

何千年、何万年と堆積して生まれたその土地の風土、自然と寄り添う農家さんの個性が出会って生まれる野菜たち。たとえば同じニンジン一つをとっても、たくさんの種類があり、食べてみるとそれぞれに畑の個性があります。鼻を突き抜けるようなからし菜の辛味ですら身体に馴染んでいく。それはとてもドラマティックなものです。

今回は「土」を切り口に、農家さんやその土地の風土が生み出す世界を五感で感じられるようなレストランにしたいと思います。それが私たちの食を支える人々や自然にとって持続可能で、より豊かな食につながっていけばという思いを込めて。

ーーーーーーーーーーーー