フィッシュマンズを「いい音」で聴きまくった / by Takeshi Okuno

DSCF5632.jpg

フィッシュマンズのドラマー茂木欣一さんと一緒に、『フィッシュマンズを「いい音」で聴きまくる!』というイベント。

2006年発行の『フィッシュマンズ全書』の電子書籍化を記念して、この本を監修した小野島大さんのナビゲートで、12月16日に新宿の ROCK CAFE LOFT で行われた。

1時間半か2時間くらいのイベントなのかなと思っていたが、夜7時に始まって結果的に4時間半。ファンにはこれ以上ないくらい楽しいイベントだった。

デビューアルバムの『Chappy Don't Cry』から順を追ってハイレゾとアナログでかけられ、最後の『男達の別れ』を除いて、小野島さんと茂木さんが一曲ずつ選曲。

トークの内容は、その当時の曲・アルバムづくりやライブのこと、メンバー同士のやりとり、音楽シーンの中でのフィッシュマンズの状況のことなど。フィッシュマンズというバンドのヒストリーが茂木さんによって語られる1本の映画を見ているように、時々その情景が思い浮かんだり。やはり小野島さんが話を引き出すのがうまく、来ていた人が聞きたいような内容を聞いてくれている感じで、ずっと一方的に話を聞いてる感じでなく楽しかった。

普段はヘッドホンやイヤホン、小さめのスピーカーで聴いているので、ROCK CAFE LOFT の音響で大音量で聴くのは全く違う体験だった。録音ってすごく音がいいんだなと、思った。音の世界に浸るとともに、聴きながらライブで聴いた当時のこととかを思い出したりもした。

フィッシュマンズを結成して最初のライブや、ZAKさんと『Neo Yankee's Holiday』をレコーディングする前に最初にデモで録った『待ってる人』など超レアなものも、茂木さん持参のカセットテープで聴かせてくれた。

休憩の時と終わった後に、茂木さんと少しお話もできた。最後にかかった曲は『男達の別れ』の『ゆらめき IN THE AIR』だったので、あの時の2デイズをライブで見た時のことを思い出したこととか。

来年2月19日には Cero との対バンもあり、個人的にライブで聴けるのは2011年以来でとても楽しみ。