Deadstock Coffee の Chop Coffee でのポップアップ・イベントのこと / by Takeshi Okuno

DSCF8314.jpg

11月29日(木)、30日(金)にアメリカ・ポートランドの Deadstock Coffee が、原宿の Chop Coffee Cat Street でポップアップ・イベントを開催した。

この2つのお店はともに、今年4月に開催された Tokyo Coffee Festival に出店していた。出店している時は自分たちのブースのことで手一杯でなかなか他のブースを見てまわる余裕がないものだけど、わりと近い斜め向かい同士の出店だったので、Chop Coffee のオーナー、パイクさんは Deadstock のイアンたちがどんな感じでやっているかをちらっと見ていたという。

Deadstock Coffee はナイキでシューズの開発に携わっていたイアン・ウィリアムズが、スニーカー好きやコーヒー好きが気軽に集まれるような場所をつくりたくてオープン。ポートランドで唯一の、スニーカーをテーマにしたコーヒーショップだ。

僕はイアンが自分たちのお店をオープンする前にまず、ストリートファッションのショップ Compound Gallery の店内でコーヒースタンドを始めた頃に会っていた。

一方、Chop Coffee を運営しているのは、デザイン会社 パイクデザインオフィスで、ファッションブランドの広告や、雑誌のエディトリアルデザインなどを手がけている。

パイクデザインオフィスでは、以前フットサルを一緒にやっていたデザイナーの榎本君が働いていることもあって、今回の件でも声を掛けやすかった。

イアンは単に Deadstock のコーヒー豆でゲストバリスタを務めるというだけでなく、店内での展示用に Deadstock と自身のヒストリーを表すスニーカーコレクションの一部やグッズ、本なども持ってきてくれた。

コーヒー豆と展示についてのイアンの説明の英文を僕が翻訳して、Chop Coffee のマネージャーの田屋さんとパイクさんに送ったのは前日夜〜当日午前だったけど、さすがデザインオフィスで、すぐにかっこいいメニューを作ってくれて、写真と説明文はパネルにして印刷してくれた。時間的に余裕がない中でも、こういう細かい部分でクオリティ高く作ってもらえるのは、ありがたい。

事前の打ち合わせをしていた火曜日に、東京で月曜日にライブがあったイアンの友人のラッパー OddiseeBIG YUKI さんも Chop Coffee に寄ってくれたところから、すでに前々夜祭的に盛り上がりが始まっていた。

Deadstock はポートランドの、Chop Coffee は東京・原宿のカルチャーとコーヒーをブレンドしているショップなので、一緒にイベントをやったら面白いだろうなと思っていた。

実際に始まってみるとそれ以上に、イアンと Chop Coffee のバリスタさんたちのキャラクター、それから来ているお客さんたちによって、よりイベントが楽しいものになった。Chop Coffee と交流のある近隣〜東京近郊のコーヒーショップの人たちや、イアンが仲の良いコーヒーショップの人たちも来てくれた。

イアンがそこにいて Chop Coffee のバリスタさんたちと連係し、展示とイアン作成のプレイリストによる音楽があると、2日間、まさに Chop Coffee の店内が Deadstock Coffee になっていた。

イアンがまた次回、来年の春とかに日本に来る時が楽しみ、というのと、逆に今度 Deadstock Coffee でも何かイベントができたらいいなと思った。