クラフトジン MONKEY 47 x 山椒 x 神戸牛。新シリーズ第1弾がお披露目に / by Takeshi Okuno

MONKEY 47 Experimentum Series 2y01 Tokyo_Like

ドイツ・ブラックフォレスト産のクラフトジン "MONKEY 47" から、少量生産のエクスペリメンタルシリーズが発表に。
普段から MONKEY 47 を愛飲している方たちを招いての先行試飲のシークレットパーティーが、白金台の LIKE で開催されました。

香りの可能性を広げ、常識を覆すことを目的に立ち上げられた「Monkey Booze Lab」でつくられる、このエクスペリメンタルシリーズ。
第1弾の "2y01: Tokyo" は、山椒をボタニカルとして使い、神戸牛の牛脂でファットウォッシュして香り付けがされている。

MONKEY 47_ Alexander Stein

オーナーの Alexander さんが挨拶の時に話していたことを聞いても、これまでにない香りや味わいを生み出すための探究心がすごい。

MONKEY 47_Like 白金台

LIKE は PATH の原さんたちが今年3月、ビオトープ(BIOTOP)白金台の3階にオープンしたお店。バースペースは、天井が高くて自然光が心地いい。カクテルと一緒に神戸牛などをいただき、また近々伺いたいなと。

MONKEY 47 を初めて飲んだのは去年5月、恵比寿の Bar TRIAD でのイベントの時。その次の11月のイベントの時にも行っていて、ブランドアンバサダーの Zachary がつくるシグネチャーカクテルはこの時もおいしかった。

「MONKEY 47 エクスペリメンタルシリーズ 2y01:Tokyo」は、5/17(金)から Bar Tram、Bar Trench、Bar Triad で、数量限定で提供中とのことです。