guesthouse

川越の ゲストハウス ちゃぶだい へ by Takeshi Okuno

ゲストハウス ちゃぶだい 川越.jpg

川越にオープンした「Guesthouse, Cafe & Bar ちゃぶだい」へ、先週初めて遊びに行った。

西武新宿線の本川越駅からは歩いて10分ちょっと。観光客が多いメインの通りからは一本入ったところにあって静かだ。

ちゃぶだいをやっている西村君とは、2015年夏の自由大学 Creative Camp in Portland の時に会った。

Chabudai_Kawagoe_guesthouse.JPG

地元出身の西村君が、ドミトリーと個室があるゲストハウスの中や庭を案内してくれて、最近の川越のこともいろいろ教えてくれた。

築100年を超える古民家が、150人以上の人たちが参加した何度かのDIYワークショップによってリノベーションされたそうだ。

新しくオープンしたゲストハウスだけど、古くからの電話ボックスや棚付きの階段がそのまま土間に残って活かされていたりと、すごく落ち着く空間になっていた。

川越 ゲストハウス ちゃぶだい カフェ サンドイッチ.jpg

ランチでは本日のサンドイッチとブルーベリーのスカッシュを、靴を脱いで土間から上がったちゃぶ台でいただいた。サンドイッチは近隣の野菜も使っていて、パンもおいしい。

カフェラウンジのスペースは、宿泊客だけでなく一般のお客さんに開放されている。この日も地元の人たちがお茶しに来たり、立ち寄ったり、カフェの人が下校中の小学生に声をかけたりと、ご近所感があった。

川越 ゲストハウス ちゃぶだい カフェ バー.jpg

天気が良かったので、庭のウッドデッキでサンドイッチやドリンクをいただくのも気持ち良さそうだった。
庭では、手づくりオーダー眼鏡の工房『澤口眼鏡舎』さんも工房兼ショップを構えている。

泊まる人もカフェ&バーに行く人も、ちゃぶだいに行ったら、川越のことをいろいろ教えてもらえそうだ。

ちゃぶだい
www.chabudai-kawagoe.com/
埼玉県川越市三久保町1-14

川越 ゲストハウス ちゃぶだい 入口.jpg